ぬこまるのぬころぐ(黒い砂漠・リトルサマナー生活&攻略日記)

攻略・ニュース・考察が中心のブログでち。黒い砂漠@MaCalon所属


アカネ(プレイヤーキラー)という存在をカテゴライズしてみる

669a5de8d088eb63bb2750bce1df8081_s.jpg

このゲーム、レベル50以上になると誰でもプレイヤーキラーの対象となるんだ。
プレイヤーキラーは名前が赤く表示されることから、アカネと呼ばれる。
そして、アカネにはいくつかの種類(人種)がいる。


■ジェイソン型

アカネになるためにキャラクターを作り、人知れずコツコツレベルを上げ、
相手が誰であれ、目についたプレイヤーはかたはじから殺して回るというジェイソン的な存在。

基本的に戦闘力が高く、運悪く遭遇したら残念ながら逃げ伸びるのは難しい。
稀にプレイヤーキラー内のイベントとして、集団で一つの狩場のプレイヤーを鏖殺するといったことも行うようだ。

でも、PKを受ける側というのはその時の行動が阻害されるという以外には特にペナルティがない上、
※自分から攻撃した場合は別
アカネ側は倒されるとペナルティが大きいので、ある意味剛の者と言える。

ちなみに、砂漠で返り討ちにあったアカネは収容所に送られ、脱獄生活を余儀なくされるんだ。
普通のプレイヤーでも、脱獄してみたいがためにアカネになってみるっていう人はいる!
(そういう人は、他人に迷惑掛けない方法でアカネになる方法を知っている)



■幼稚型、潜伏型

普段はペナルティを恐れて対人状態ではないけど
自分のお気に入りの狩場に先客がいると豹変するんだ。
具体的には次のような嫌がらせをしてくる。

1.MOBと戦闘中の先客の横に行き「決闘」を申し込む
 ※決闘は相互にペナルティの無い演習用のシステム
2.戦闘中スペースキーを押すことが多いこのゲーム。
 なんと「決闘の受諾」もスペースキーでできてしまうので、知らないうちに決闘を受諾してしまう。
3.決闘で殺さない程度に先客の体力をギリギリまで削る。
4.瀕死になった先客が、周囲のMOBにとどめをさされる。

最終的にMOBに殺された場合、経験値ロストや水晶破壊等のリスクがあるため、
システム的に許容されたジェイソン型に比べて、システムの端をつくようなせこくて疎ましい存在。
対策として、設定で「決闘を受け付けない」にしておくことをオススメするよ。

他にも、馬で走っているところを体当たりしてきて落とすなど、
地味で幼稚ないやがらせを日常的にすることが特徴。
「ひよこ倶楽部」といったギルドに見られるので、該当のギルド員をみかけたら注意しよう!


以下の動画は、嫌がらせの一例としてようつべから拝借。馬から落として複数人で生かさず殺さずなぶってる。

※あんまり気分のよろしいものじゃないので、対人苦手な方はみないほうがいい

※おいらだったら落とされた時点でvキー(緊急脱出、数秒無敵)押してch移動しちゃう




■ペナルティ享受型

アカネの状態で死ぬと、装備の強化レベルが下がることがある。
このペナルティを逆に利用して、装備の強化レベルをあえてさげるためにアカネになっている人もいる。
強化レベルの下がった装備をまた強化してスタックを貯めるんだね。

これについてはやかもちさんの記事が非常に詳しい。
強化スタックを圧倒的に効率良く貯める方法【黒い砂漠】
コツは、性向値-499以内に収めることだ(衛兵が反応しない)


かれらは装備の強化のために、他人に迷惑をかけない方法(馬を殺す)でアカネになり、
他人に迷惑をかけない方法で死ぬので基本的に無害だ。まあ、たまに複合型もいるかもしれないけどね。

ハイデルで全身タイツのアカネに突然「僕を殺してください」と言われても特殊な趣味なんじゃなくて、装備の強化レベルを下げたいんだなと察してあげよう。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント