ぬこまるのぬころぐ(黒い砂漠・リトルサマナー生活&攻略日記)

攻略・ニュース・考察が中心のブログでち。黒い砂漠@MaCalon所属

【批評】黒い砂漠はどうやってハムスターを脱したのか・其の一(文章多め)

ハムスター

オンラインゲームのありがちな末路にハムスターゲーム化というものがある。
ハムスターを育てるゲームもハムスターゲーム(実在)だけど、ちょっと違う。

くるくる回し車を回すハムスターにユーザーを例えたもので、
ゲームがある程度成熟した結果「ユーザーが”レベルを上げるためにレベルを上げる”だけの作業」に成り果てるということだ・・・これはとても悲しいことだね。

最初こそ目新しい要素、派手な必殺技、さくさく育つキャラクター、見たことのないマップなどなどで脳内モルヒネがガンガン発生し「楽しいぜええヒャッハー」などと思うオンラインゲームも、繰り返すうちに単調になり、目的を失い、すべからくハムスター化の末路からは脱しがたいと思われた・・(p_q)

新規ユーザーは古参ユーザーとの差に愕然とし去っていくため、運営は新規ユーザーへの緩和策を取る。
緩和と体験共有のプレイヤー減少によって、新規ユーザーからは冒険が失われ、親切な古参ユーザーによって養殖された結果。新規ユーザーの引退をはやめ、多くの時間を費やしたがために辞めるに辞められない古参ユーザーだけが残る。

新規ユーザーが無いというのはユーザーの回転がないということで、あらゆるKGI・KPIにおいては緩やかな衰退を免れない。そこで売上が減った運営は焦り、ガチャや富クジなど手軽にハイエンド装備が手に入るような即物的な手段で「最期の回収」を始める。これは本当に末期だ。


しかし黒い砂漠は明らかに異質だ。数多のオンラインゲームの屍から、ハムスター化しないためには何が必要でなにが不要かをしっかり研究した。どういう仕掛けがあるのか、わかる限りを挙げてみたいと思う。
※予想に反して、黒い砂漠の運営がガチャ販売バラマキはじめたら笑ってほしい。
※くろさばもたまにガチャ販売する。本当にたまにならイベントとしていいと思う。


1.世界が美しい

残念ながらこれは、ある程度PCのスペックが要求される。
しかし高画質な状態でプレイするとその美しさには驚嘆させられる。
・木々の間からまぶしい!と感じる夕日。
・波打ち際の水面に見えるゆらゆらとした海藻。
・突然のスコールで急激に湿っていく地面。
・やけに人間臭い肉声のNPCたち

twitterでは
狩りもしません、農民もしません。ぶらぶらしてます。
というユーザーがときたま見られる。これは本当に異質なことだ。

「なんでもできる」ということを謳ったオンラインゲームは多いが、
ここまで本当にぶらぶらしてるだけで世界の美しさに気付かされるゲームは他に知らない。

※知らないだけで、無いとは思っていない。実際グラは新しいゲームほど年々進化している。

※ぬこのPCは残念ながらスペックが低いので、高画質のまま戦闘はできない。
 ぬこ嫁が高画質でプレイしているが別のゲームかとおもうことがしばしばある。



2.パーティの要素を排除した

誤解をうけそうだけど、パーティ要素はある。
ただ、パーティを組まないでいることのデメリットも無い
実際、レベル50になるまで一回もパーティを組んだことがないという人は多い。

大体のオンラインゲームはパーティを推奨する。
人と人の繋がりがそのゲームに繋ぎ止める大きな要素だと思われているからだ。
それは間違いじゃないけど、ユーザーへの負担も大きい。

もちろんパーティでも楽しめるけど、パーティであることのアドバンテージが大きすぎない点は明らかに異質だ。
結局、ソロでも楽しめるということは新規と古参のアドバンテージを感じさせない唯一の方法であるし、だからこそ狩猟民も金策民も放浪民もSS民も新規も古参もゆるく共存して互いの負担とならない。

そうかと思えばギルドに所属することで互いに貢献感を得ることも容易だ。
ここのさじ加減は少なくとも2016年7月現在では稀有であると言える。




3.あらゆる要素に付加価値を設けた

いわゆるハムスターゲームは狩りか金策か、最終的にインしてやることはこの2択だ。
もちろん他のオンラインゲームでもスクリーンショットを撮って楽しんだり、ハウジングやキャラメイクを頑張る人もいる。

しかし黒い砂漠が異質なのは、例えば釣りをすると、釣り自体が金策になると同時に
・経験値が増え
・釣りの称号が増え
 ※称号が増えると付加効果が付く
・釣りのスキルが上がり
・釣り以外の事(銛)ができるようになり
そして例えばそれらを、

・ギルドミッション(釣り)
に役だてたり、貿易商人に売ることで貿易を上げたり。
世界だけでなくスキルや経験がシームレスに繋がっていくんだ。




4.無駄な時間が生まれない

加工中は放置できるからチャットでだべれる。
移動中はマップを確認しながら労働者に指示が出せる。
寝ているとき・仕事しているときは釣りをしといてくれる。
狩りの時は忙しいが、経験値もお金も増える。

なにをしてても無駄な時間が生まれない。
そういった設計は、今までの屍を振り返ってみれば当たり前に行うべきことのようにおもえるけど、異質なことだ。

「ユーザーがいかに”時間を有効に活用している”と錯覚させるか」
言い方は悪いけど、これから生き残るオンラインゲームはここがキモだと思う。


~そのうち続く。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント